最有趣、最美味的日本美食之旅

这个周末也悠闲地和日本酒共同度过
想着随便散个步在银座新泻的试营店发现了日本酒
色彩一下就吸引到我了,(上善若水)冷制酒
日本酒在冬天酿造完将酒取出之后,为了防止劣化,会进行一种叫做(入火)的加热处理。在冬天被取出后,不进行入火的日本酒就叫做生酒。
所谓的「ひやおろし」就是在制造日本酒的阶段,不进行第二次的入火的日本酒。而在冬天取得的日本酒,保存到春天以后,再进行这个入火然后储藏起来。
到了秋天以后,外面的气温和储藏库的温度逐渐趋于一致时出现的日本酒的「ひやおろし」,据说是诞生于江户时代。被指为表示日本酒温度的「冷や」(常温温度)的状态「卸す」(销售),这就是他的语源。
上善如水 冷やおろし (秋限定商品)

画像1
画像2

在超市卖的上善若水,就算跟纯米酒相比,也会感到少许香气的增强,日本酒独特的酸味也比一般的纯米酒能感受的多一些。
虽说是被这个红瓶子吸引买了这种,但是只瓶子是红的而已,里面和平常是一样的。
是透明的
因为是纯米吟酿,所以不管是和清淡的菜肴还是和浓口的菜肴,都很合得来
秋刀鱼加上萝卜泥吃起来应该跟这酒很搭
就算作为餐前酒来使用也是正正好好的清淡的温和口感
浅尝辄止。就是这种的味道
很推荐好好地冷却之后再饮用


最有趣、最美味的日本美食之旅」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中